So-net無料ブログ作成
検索選択

「1809−ナポレオン暗殺」佐藤亜紀 [書籍]




「佐藤亜紀の本、読んでみたいんだけど何がいいかな?」って尋ねられたら、これかなー。

けれん味たっぷり、登場人物も魅力的。
ヒリッヒリの緊張感。
エレガントな伊達酔狂。

…ろくなお薦め文句になってないんだけど、佐藤亜紀の小説はどこがどうおもしろいとかうまく言えない。
あらすじを説明したところで意味ないし。

頑張って例えてみると。
分厚いステーキ、しかも柔らかい霜降りじゃなくて、しっかり噛み応えの赤身にがっぷり噛み付いて、わしわし咀嚼する快さ、みたいな感じ。…訳わかんないか。

読書ってこんなにスリリングでわくわくするもんなのかー、と読むたびに思わされる、そういう作家。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。