So-net無料ブログ作成
検索選択

「黒山もこもこ、抜けたら荒野」水無田気流 [書籍]



ウザい。
内容はともかく、語り口が愚痴っぽい。
愚痴そのものだったら、うんうんそうそうそうだよねーぎゃははー、ですむものを、妙に論文調のかたい文章が挟まってるもんだから、どーしよーもなくどっちつかず。
しかもなんかビミョーにセンスが悪い。ダさい。かも。

団塊ジュニアの世代感覚、特に「なんか損した」とか「ワリ食ってるよな」な感じは、同世代として共感、同感。
管理教育とか無闇にエラかった教師とか、受験戦争とか、就職氷河期とか、うんうんうんうんあーはいはいはいはい、って感じ。

著者は詩人だそうなんだが、だとしたら、もっとぶちキレて同世代以外にもバシバシ訴えるような詩作を試みたらをどーなんだろうか、と思った。
それとも試みてんのかな。知らんけども。

あ、著者の名前はね、「みなした きりう」て読むんだって。ふーん。(やっぱりダサいかも)
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。