So-net無料ブログ作成
検索選択

『僕のなかの壊れていない部分」白石一文 [書籍]



タイトルと表紙の絵に惹かれて読んでみたものの。
これ、小説じゃない。んじゃないかなあ。
どっちかつーと、エッセイじゃないかと思う。

「何故僕は自殺しないのか?」とか、「何故生きるのか?」とか、主人公はくだくだと考えたりする訳だが、その考えるくだりで、ぺらぺらと饒舌に主人公=作者の考えがザ・結論として置かれる感じが、どうにもエッセイっぽい。結論ありきのザ・自己主張。
わざわざ小説として主人公を置き、あれこれ行動させ、周囲の人物とこざこざ関わりをもっても、まるで主人公は揺らぐことがない。
その揺るがなさが読む側に何かを訴えてくるかっていうと、そうとも思えん。

解説で、毎日新聞編集委員の重里氏とやらが
「白石さんは、現実社会への違和感を感覚的に表現したりしない。」
と称賛しているけれど。
むしろ、小説ってそういうことを表現するもんなんじゃないのかな。
感覚的なとらえ方をとばして、コレはこうだ、ってはっきり言ってしまえるなら、それは小説にする意味なくねえ?

なんかどうにも、「俺はこう思う」ってのを聞かされてるようにしか思えない。
別にいいけどよ。
「悪いけど、誰もかもがオマエに興味あるって訳じゃねえから」とか言いたくなった。

それにしても、いいタイトルだなあ。


コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

コメント 3

コメントの受付は締め切りました
シロタ

追記。

文章のセンスが、ときどきあイタタタ、って感じ。
だってさあ。
「(一流の野球選手といえども)下半身のバットは制御不能なわけだな、」
って、これ、あイタタタ、でしょう。ギャグだとしても相当さぶいぞ。
by シロタ (2008-09-22 14:42) 

ゆき

私も同じ事を思いました。
すんごく疲れて読んだ割には「お前の持論を唱えてどうする。」と
一蹴した本でした。
残念。チーン。
by ゆき (2008-09-30 15:13) 

シロタ

ゆきさん、コメントありがとうございます。
小説中に引用されてる文献はなかなか興味深いんですけどね。
編集もどうにかしたれよ、って感じです。
by シロタ (2008-10-02 17:50) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。