So-net無料ブログ作成
検索選択

「ツ、イ、ラ、ク」姫野カオルコ [書籍]



That's 小説
超おもしろい。

佐藤亜紀さまの、噛み応えたっぷりの、読めば読むほどに硬く乾いて叙情から切り離され、ある種ニヒルな純テキスト萌えに陥っていくTHE 小説、って感じとは全然違うんだけど。

読むほどに、びちゃびちゃ湿度をもって粘着質に絡み付いてくるような水気の多い登場人物と、人物を俯瞰して語る地の文の悪ふざけじみた茶々の入れ方、そのバランス加減がミョーにハマる。
一歩間違えたらポンコツのギャグすれすれなヤバさ。

タイトルの「ツ、イ、ラ、ク」に“なんかダサい”と感じたら、それは正解だと思う。
ダサくて無様でみっともない、でもそういうことが、恋っていうものなんじゃないすか? っていう、真っ正面ぶっちぎりな小説だから。

いろんな意味で、ギリギリのすれすれ。



それにしても。
小山内先生、怖っ。



コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。