So-net無料ブログ作成
検索選択

「美しいこと」橋本みつる [書籍]



純粋であることに焦がれる気持ち。
何かを誤摩化すたびに、心が痛むこと、恐ろしくなること。
そして、その気持ちを恥じること。畏怖すること。

純粋さへの憧れ、ってだけなら、いくらも描かれてるものがあるけど、そういうのは大抵陳腐なものに成り果てる。
純粋なものって、そんなにヤスいものじゃないはずだから、そこには畏怖とか躊躇いとか恐怖がなければ、嘘だ。

なんていうか。
嫌なんだ。恐ろしいんだ。
自分の意に染まないことを受け容れることが。
例えば、話を合わせるために上辺だけでも「いいよね」って言ったりするだけのことが、どうしようもなく苦しい。
汚れて、腐っていくみたいで。
そんな自分が、馬鹿みたいだったりもして、どうにか馴れようと思うのに、それでも吐き気がする。息が詰まる。
決して、自分が純粋だなんて思ってないのに。

そんな気持ちが、軽々と、鮮やかに描かれる。

「誰が見ても文句が言えない様な
 凄く綺麗なものがあればいいのに

 偽善な感じや 安易さとか 全然感じない
 それぞれの好みとか越えた感じの
 ひと目見て分かる美しいものがあったら

 どんなにホッとするだろう
 そしたらそればっかり見て
 それを信じて暮らすのに」

印象に残る台詞やモノローグがたくさんあって、決して上手い絵じゃないのに惹き込まれる。
傑作。

番外編の「みなこ猫拾い事件」も秀逸。

「優しくしてもらったり
 部屋に何かいれば
 僕が受けた傷がうまるという事じゃない
 それはもっと全然別なものだ

 それは
 僕自身で越えていかなきゃならない事であって
 女の子から優しくされて
 どうこうなる事ではないんだよ」

安易に癒されたりできない。
好きな女の子に、優しくされて嬉しいけれど。
ときどき、目が眩むけれど。
だけど、違うんだ。

美しいこと。
安易ではなく、偽善でもなく、絶対に、純粋に存在するもの。
そんなものに焦がれるのは、安易で陳腐だったりするんだけど。

美しいものは存在する、ということ。




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。