So-net無料ブログ作成
検索選択

「草食系男子の恋愛学」森岡正博 [書籍]

昨今、流行っているらしい「草食系男子」とかいうナゾの語。
草食て。草を食ってりゃ優しくっておとなしい訳でもないだろうがよ。ウマとか怖いよ。蹴られるよ。ゾウはどうよ。怒ったら怖いぜ。
肉食いが必ずしもがっついてる訳でもないし。肉食動物は食うときには食うけど満腹時にはぐうたらな低燃費体力温存型ののんびり屋さんも多いらしいよ。
…って、きっとそういう話じゃないんだろうな(笑)。

男は男らしく!みたいなマチズモからはみ出た(=解放された)男性、ってことなんだと思うんだけども。前からそういう淡々とした人って男女問わず居たと思う。
そんなに目新しい感じもしないんだけどなあ。


手元にある版が’08年7月初版発行、同年9月に第二刷発行の版。二ヶ月で増刷、まずまず売れてるってことかな。

 タイトルの「草食系男子」とは新世代の優しい男性のことだ。
 異性をがつがつと求める肉食系ではない。
 異性と肩を並べて優しく草を食べることを願う、草食系の男性のことである。

だそうなんだけど、この本はタイトルほど「草食系男子」にこだわってないと思う。
誰にでも、男性にも女性にもあてはまることがあるっていうか。
人を好きになったり、相手を思いやる気持ちに草食も肉食もないだろうし。

ほほう、と思ったのは、女性の立場や体への気遣い。
女性は常に襲われる危険を感じているので不安を与えないようにしよう、とか、生理のときは寒いところに連れて行くな、とか具体的に記してあって、おお、それはそうしてもらえると助かるな。
てかそういうのは男性にはわからんものかーなるほどーとか思った。

ウケたのは、女性が「イヤ」と言う場合、本気で嫌なのか、言ってみただけなのか、本当は嫌じゃないのか、確実に知る方法はない(!)、っていうくだり(笑)。そりゃそうだろうよ。言ってる方だってわかんないこともあるだろうし。

相手に敬意をもって誠実に接し、自分にも自信をもとう、ていう、わりにまっとうでフツーな内容なので、とりあえずこの本を参照して嫌われるってことはなさそうな気がする。

男子中高生あたりが読むといいのかな。
なんつーか、人畜無害。




コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
肉食?キリン

この本、けっこう売れてましたよ。何度か補充注文しました。

いや、でも男の立場から言わせてもらえば、まわりは肉食系ばっかっすよ。
ネット社会は肉食だと淘汰されたり、半年ROMってろ!って言われたりするんで幅を利かせてないわけですが。

無味無臭な男も多くて何だかなあ、とは思ってますけどね。

肉も草も、そして魚貝類も食べるのが一番良いんじゃないかと。いや、ほんとに。

by 肉食?キリン (2009-03-28 22:32) 

シロタ

草食系云々に関しては、セクシャリティも食性もそれぞれですよねーっていうのでいいと思うんだけどね。
正直、人の食い物にキョーミなくってさ。笑。

ていうかこの本、草食系とか関係ないし。
女性と交際を希望する際に心がけること、みたいなんが、フェミニズムなかほりも漂いつつおとなしめに展開されてる感じ。


by シロタ (2009-03-29 23:24) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。