So-net無料ブログ作成
検索選択

「愛がなくても喰ってゆけます」よしながふみ [書籍]



料理まんがの「きのう何食べた?」は当然としても、「西洋骨董洋菓子店」「フラワー・オブ・ライフ」とか、よしながふみのまんがっていちいち食い物がうまそう。
食ってる場面とか、表情とかもユニークかつリアル。リアルっていうのは写実的であるっていう意味ではなくって、激しく納得できる、って意味で。「西洋骨董洋菓子店」では、パフェをひとくち食らって“じたばた踊る”人が出てくんだけど、わかる! あんまりうまいと言葉になんなくって踊りたくなる、居てもたっても居られねえこの美味!ていう感じと“じたばた踊る”、は、かなり近い。実際に踊るどうかはまた別だけど。

てな感じで、よしながふみのリアル食い物ワールド炸裂。
実をいうと、料理そのものの絵はフツー。食い物の説明図以上ではないと思う。
が、食する場面の描写が激しく納得もののリアル。
まずひとくち食して「!」ていう間があって、その間の表情がいちいちキいてて、ウマーていうニコニコだけじゃなくって、眉をひそめたり目がテンになってみたり、食い物に応じてバリエーション豊富に描き分けられてる。
その間ののち、踊るだとか大量のセリフ(このセリフがまたウマい)だとかが、絶妙な緩急でうまいこと繰り広げられるので、うまいもの食って踊りたくなるっていう、下手するとナゾの言動が異様にリアルになっちゃう訳なのだった。

ところで、この発言が気になっちゃったんだが。
「Yながは間違いなく食い物に関しては異常者だが」p.66より
別に異常だとは思わないんだけど。
ていうか描かれてることにいちいち納得してんですけど。
ていうかシロタもいくらか言動がカブるんですけど。
ていうことはシロタも異常者なんだろうか。ていうことが今さら気になってみた。
ホント今さら。トホホ。

てな訳で、よしながふみ以外にも、この人の食い意地は納得できるぜ!って感じの作家の著作物を集めてみた。順不同。




(追記)
コメント欄でイモートよりお薦めの「ドラえもん」、“味のもとのもと”は13巻の“ジャイアンシチュー”に登場するらしいです。






コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
イモート

「ドラえもん」は?なにげにメチャうまそーにもの食べてんだよ。「味のもとのもと」をかけたジャイアンの料理も食べたくなっちゃう美味そさだよ。擬音とかね。品はないけどね。のび太だし。藤子先生、飢えたことがおありですねって感じ。
by イモート (2009-05-08 12:57) 

シロタ

イモートよ、久しぶり。
「ドラえもん」かー!確かに!そっち方面もありますな、うんうん。
つか、久しく読んでないよドラ。久しぶりに読みたいなあ。

ところで、あんたんとこのwebサイト、2007年で更新止まってるよね。どうなのよ最近。



by シロタ (2009-05-09 09:27) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。