So-net無料ブログ作成
検索選択

「かがやく日本語の悪態」川崎洋 [書籍]

なんつってもタイトルが秀逸。かがやくのだぜ、悪態が。ステキだ。
だいたいが、悪態、って単語からしてウキウキワクワク、キラーンて漫画みたいに目が輝いてしまいますな。(そうか?)
悪態、罵倒、罵詈雑言の類いって大好き。

至極真面目に、日本語表現の多様性や可能性を追求する意図で歌舞伎や落語、文学や方言における様々な悪態を集めてある。なるほどねーって蘊蓄本的なお楽しみ。
卑猥な語や差別語は避けてあって、なので、わりと穏当な印象。たぶん著者の言語センスのあらわれなんだろうけど、性とか差別とかの構造的背景を前提/後ろ盾にした言い回しじゃなくって、あくまでも対等の立場で罵り合う表現に注目してると思う。
勝負は己の知性とセンスのみ、権力や暴力を恃むのは格好悪いぜ。的な。

「悪態採録控」っていう本も出てて、これは上述「かがやく…」の資料版みたいな感じ。
落語の活き活きした語り口とか、歌舞伎の台詞なんかは、こーいうのすらすらーっと啖呵きれたら気持ちいいだろうなー的な、的確な表現力に感服。わたしが好きなのは助六の悪態、「鼻の穴ぃ屋形船蹴込むぞ」ってやつ。無茶苦茶でよいわー(笑)。
文学の例では漱石の「坊ちゃん」とか井上ひさしの「吉里吉里人」に随分紙幅を割いてる。「吉里吉里人」すげえ。
川崎洋は方言にも造詣の深い方言コレクターなので方言の悪態も幅広く採録。


ところで、悪態とか罵倒の類いとなると、わたしとしては佐藤亜紀さまの著作を外せない。
例えば、「でも私は幽霊が怖い」所収の“一九九五年一月の日記”、原発を貶すくだり、218頁。

 こんな馬鹿げたことを思い付いた奴の顔が見たい。人類の恥曝しめ。アルファ・ケンタウリの住人に知れたら何と言って後ろ指をさされることか。あいつらわざわざ核分裂のエネルギーを使ってさ、それでお湯沸かしてさ、湯気で輪っか回して電気起して、で、やっと使ってるんだぜ。ばっかじゃねえの。
 ああ、恥ずかしい。コズミックな恥曝しである。

ボッコボコだ(喜)。
他にも同書籍所収“ストーカーを殴り殺そう!”なんか腐す相手が相手だけにぎたんぎたんのメッコメコ(狂喜)。
amazonか読書メーターか忘れたけど、“スマートに鈍器を振り回せる人”と評した方が居て、その形容がぴったりのドハマり、クールなボコりっぷりがステキ過ぎ。




   


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。