So-net無料ブログ作成

猫嫌いは責められない [猫]

先日の「愛別外猫雑記」記事にいただいたコメントの充実ぶりにご満悦なシロタです。本編記事より読み応えあるかもしれん。感謝。

ところで、「愛別外猫雑記」の猫苛めは“猫嫌いの表現形をとった弱いもの苛め”、という構造だった訳なのだけど、実際には本当の本気で猫が嫌い、という人も世の中には居ますよねえ、ということにも思いを致したのであった。
猫好きはうっかりしてしまいがちなんだけども。

糞尿や鳴き声やゴミ荒らしの実害うんぬんがなくなったとしても、猫が嫌い、視界に入って欲しくない、という人。
これは責められるべきことではないですよね。
例えばわたしはゴキブリが嫌いで、そこへもって近所にゴキ好きでゴキに餌をやって可愛がる人が住んでいたり、地域でゴキを世話して共生しましょう、とか言われたらやーーめーてーーーーーー、と逆上、殺虫剤で武装して殴り込むかもしれん。

猫は可愛いし、鼠などの害獣をとらえて役に立つから、ゴキブリとは違う、とおっしゃる向きがあったれば、それは差別的でキケンであると申し上げる。
可愛くなければ死ぬに任せてもよいのか、役に立たなければ殺してもよいのか。
それは愛情でもモラルでもなく、可愛さという価値と世話という対価をバーターする経済です。
好き嫌いには理由はなくって、だからこその好き嫌いな訳でしょう。

その点、前回の記事には、猫嫌いの視点が抜けておったよなー、と今さらながら思いついた次第。
可愛いものを愛するのは簡単であって、恐ろしくて気持ち悪くて大嫌いなものの存在を認められるか、殺したり排斥せずに居られるか、ということ。
他者と向かい合うということは、そういうギリギリの厳しい倫理が求められるのだと思うのです。

また、加藤一二三さんの猫の給餌禁止裁判や、この件を巡る猫好き猫嫌い双方の意見感想なども概観するに、猫嫌いの方の環境を考えることがキモなのかもしれんなー、とも思いましたです。
もっともこの件の場合は、既に猫よりも地域社会の悶着になっちゃってる感もないでもないが。


コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

コメント 7

コメントの受付は締め切りました
yutake☆イヴ

こんにちは☆

えさやりの件ですが

私は、そもそも猫たちは、犬みたいにつないでから問題になってしまうと思うのですよ。隣家の人は、網を破ってくるのが困ってそうでしたから。
私も、ご近所?だかどこかわからない猫が、用足しに来るの困ります。
つないどけ!!って思うのが正直なところです。
持って帰ってほしい!!><
今度、持たせてみますか(苦笑)
by yutake☆イヴ (2010-05-17 13:03) 

晴雨堂ミカエル

 ゴキブリに例えたところが非常に解り易いですね。
 
 ゴキブリとまではいかなくても、蛇とかトカゲなどを大量に飼う事はありえますし、実際に紛争が起こっています。
 
 好猫派も嫌猫派も、双方とも責める事はできません。どこに落としどころを見つけるか。
 ウチの近所では嫌猫派が強硬手段をとったので、嫌猫派が悪者になってしまいました。彼ら彼女たちにとっては、鼠駆除のつもりで猫を駆除したのでしょうが、国家の法律である動物愛護法に違反した犯罪ですので取り締まるしかありません。
 
 そのとき、そのときの情勢で綱引きが永遠に展開される問題です。
by 晴雨堂ミカエル (2010-05-17 13:45) 

エンジェル

今さっき遊びに来た甥っ子たちに猫問題の話をしたらね、
「いっそ、そういう人たちしか住まない町を作ればいいんじゃない?」って。
たとえば「猫がいない町」「タバコがない町」とか、それが嫌いな人たちだけで集まる町。
でも、それを突き詰めていくと、「子どものいない町」「老人がいない町」とかってなってっちゃうよ?って言ったら
「その方がみんな、いいんじゃないの?」と言った子が。^^;
この子は、自分はこの社会でジャマ者なんだ、と思ってるのかと思って、一瞬固まっちゃったけど、そこまで深いイミはないよう。(たぶん…)

猫が嫌いと言う人も、積極的に猫を殺したいわけではないんですよね。
もちろん、ミカエルさんの話のように、こじれにこじれて強硬手段に出てしまうケースもありますが。
まだむが仰ってるように、ウチの敷地に入らなければいい、という方がほとんどで
外で偶然バッタリ出くわした猫は全部抹殺したい、という人は少ないかと。
近所であった猫問題の時も思ったけど、話し合いがこじれると、猫そのものへの憎悪と言うより、人間相手への憎悪にすり替わってる気もするし。

結局は、人間同士の問題に、犬も猫も振り回されてるってことですかねぇ…。
by エンジェル (2010-05-17 17:12) 

シロタ


>yutakeさん
猫、最近は完全室内飼育が推奨らしいですね。うちもそうです。
ただ、飼われてない猫だったらどうなのかなー。むーん。

猫忌避剤(駆除剤に非ず)とか、猫の歩きづらいチクチクマットみたいなやつを備えたりしたらどうでしょうか?いずれもホームセンターなどで扱ってると思います。

地域猫対策では餌やりや不妊手術だけではなく、ここならまあ排泄しても構わないかな、的な場所に猫トイレを設置したり、猫の生態を利用して、入って欲しくない場所から都合のいい場所に行動範囲を誘導することも含まれるんだそうです。

なんにしても、どんな相手に対しても、ただ可愛がるだけでは済まないですよね。



>晴雨堂さん
どちらかが完全に正しくて完璧に解決できると考えてしまうと危険ですよね。グリーンピースみたいに。
“ゴキブリを殺していいのか”っていう問いは実は意外と厳しい。

そういった問いを念頭に、永遠に決着しない=綱引きを維持する事が肝要でありましょう。そういうの、中庸っていうんだと思います。



>エンジェルさん
たびたびの熱いコメント、嬉しいです。ありがとう。

>「その方がみんな、いいんじゃないの?」
クリアーに線引きが出来て合理的に住み分けられると思うんでしょうかねー。
実際には、子ども嫌いで猫好きで煙草吸いの老人と、子ども嫌いで猫嫌いで煙草嫌いで老人嫌いな若者が「子どものいない町」で問題なく暮らせんのか、っつったらそんな訳ないのであって。
まーでも官公庁街とかオフィス街ってそういう感じかも。ムダのない街っていうんですかね。

>結局は、人間同士の問題

そうなんすよね。猫が嫌いなんじゃなくて猫好きな特定の人間が嫌い、とかっていうのもあると思います。
だったらそれは対人間の根本的な対策を探るべきで、で、その方が双方のためにもなると思うんですけどね。



by シロタ (2010-05-19 12:10) 

flapper

痛いほどに分かります。
うーん。痛いほどってのは大げさかもしれませんが、私もゴキブリ問題でアタマをかかえたことのある一人です。
何かの命を尊重し、ソレを他人に偉そうに講釈たれた時「じゃ、あなたは全ての生命を殺さないの?」と言われてもおかしくないですよね。
そんなことを考え出して何年過ぎたことでしょう。
考えても考えてもやっぱりゴキブリは無理なんですよね。滅多に遭遇しませんが、シロタさんのおっしゃる通り、近所にゴキ好きがいたらば私も同じ行動をするでしょう。
あと、私を悩ますのは夏場の蚊です。
O型&酒好きのせいか、寝ている間に10カ所以上刺されることは珍しくなく、そんな時は血眼になって探して叩きます。
でも、被害をうけていない時(ココロに余裕があるからでしょうか)はコップと下敷きのようなもので捕獲して、窓から逃がします。
他の虫も同じように逃がします。

随分ねこから遠ざかってしまいました。失敬。
子供が語った「猫がいない町」「タバコがない町」ってすごく重いですねー。
おそろしやー。

>猫が嫌いなんじゃなくて猫好きな特定の人間が嫌い、とかっていうのもあると思います。

納得します。
今日猫カフェに行ってきたんですが、一緒に行った友達がお客さんを見て「猫好きってイタイ人多くない?」って言ってました。
そういう考え方もあるんだな。と。
私はどちらかといえば奇抜なファッションやインテリアなんかを好みます。それを「おしゃれ」だと褒めてくれる人もいれば「イタイ」と思う人もいるように、人間の価値観なんてまったくあやふやで共有なんてできたもんじゃない。
世論に流され多数になることはあれど、100%なんてなかなかどうして。
全ての事柄に十人十色の考えがあるように、猫や犬その他動物に関するたくさんのことに正解を出すのは果てしなく難しいですね。

それでも、何かできれば良いと願います。
自己満足を一歩超えて。


by flapper (2010-05-19 23:58) 

シロタ


flapperさん、たびたびのコメントありがとう。
flapperさんのおかげで考察が深まり、また、他の方のご意見もいただけて充実した欄になっていると思います。感謝。

やっぱりねえ、違う人が居るんだな、違う感じ方があるんだな、って知っているだけでも、行動が違ってくるんだと思います。
猫嫌いの嗜好を認められれば、逆に猫好きとして、猫と猫嫌いの間を取り持って共生してゆく手伝いができる、とも考えられますよね。

自分こそが正しくて自分と違う人やものごとは間違い、なんていう過ちに陥らないように、ときどき「あんたイタい」て言ってくれる人は重要なのかも(笑)。
ていうか、わたしの場合、わざわざ人と違う方向にハシりがちなんすけどね(笑)。


肝要なのは、ベストな正解を厳格に追求することではなくって、ベターな現実的対応です。
殺処分の現状に対して少しでも具体的にできることを考えていきたいですね。

という訳で、とりあえずオンライン署名してみまちた。

動物愛護管理法の改正を求める署名
http://www.shomei.tv/project-1253.html


by シロタ (2010-05-21 13:57) 

flapper

まいどまいどの こんばんは

>肝要なのは、ベストな正解を厳格に追求することではなくって、ベターな現実的対応です。
殺処分の現状に対して少しでも具体的にできることを考えていきたいですね。

その通りですね。
なにか行動するには責任なんかもついてくるもんですね。
ちゃんと考えなければ。
人間には多種多様の考えがありますからね。

オンライン署名、私もつい最近しました!
納得の改正だと思ったので。
深夜の繁華街のペットショップを見ると泣きそうになりま(T_T)
by flapper (2010-05-22 00:14) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。