So-net無料ブログ作成

亀の引越 [亀、爬虫類]

hikkosikame.jpg我が家の亀、福(クサガメ)と吉(ミシシッピアカミミガメ)は、2005年2月9日池袋西武のペット屋からご入来の当初は500円硬貨くらいのサイズだったのが、今となっては甲長:福12cm、吉13.5cm片手に余るサイズに育ちました。

力も強いんだよ。
触った人はみんな結構驚くんだけど、亀キックは結構キます。強い。

で、今まで簡便な衣装ケースに住まっていた福吉さんなのですが、シロタ夫の温情により、新しい水槽を買ってもらいましたぱちぱちぱち。
右側が今までの衣装ケース。広くなったし、ガラスがクリアで見やすくなった。

水をためた状態では動かすのが困難なので濾過ポンプも導入。
日常的な掃除はポンプのフィルタ掃除、たまに灯油ポンプ(熱帯魚用のポンプとかもあるけど、水位の低い亀水槽の水換えには不向きだった。しかも灯油ポンプ安い。弁がついてて逆流しない。ヤッホー。)で水換えします。

また、この大きさだと愛猫小梅が手を出せないということも判明。よかったー。
深過ぎて水面や亀に手が届かないのね。とはいえ、未練がましく水槽のへりに乗っかったりして追い払われたりしてますが。

甲羅干し用の島は浮き島仕様で、支え部分の足がないからスッキリしてイイんだけども、今イチ色柄がやかましい。
でもご機嫌で甲羅干し。
IMG_3548.jpgIMG_3539.jpg
そういや以前、亀らを水槽から出してお散歩座敷亀させてたこともあったんだけど、その後よく調べたら、乾燥し過ぎて亀の健康によくない場合もあるらしいので、今は座敷亀は止めました。やってたときもそんなに長時間でもなかったんだけども。やっぱり水辺に棲んでる生きもんは水辺がいいんだね。


タグ:
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。