So-net無料ブログ作成

最近観た映画 [映画]

「Xメン ファーストジェネレーション」
うむ。1作目以外はマグニートーびいきのわたくしであるが、チャールズ=プロフェッサーXの肝の座りっぷりを改めて見直したぞ(←偉そう)。
そりゃ金持ちのボンで育ちがよいとはいえ、人の心を読む能力持ちっていう身で人の心にひきずられずに自我を保ってられる強さ・高潔さというのは見上げたもんだぜ。あんたすごいな。という、妙な納得をもたらす人物描写。
とはいえ、エリック=マグニートーの復讐には胸がすいた。盛大に遠慮なくぶっ殺してほしい欲望が叶えられ、チャールズの悲嘆とか苦悶さえも痛快っていう、我が暗黒ハート盛り上がりまくり。
んで、ヤング・ミスティーク(むちむちしてかわいい)のべれべれバタバタ変身のサマがおもしろカッコよくてつい巻き戻して何回も観ちゃう。


「パリより愛をこめて」
身もフタもない。タッタカ展開が早くてスピーディ、もーなになになにどーなってんの説明しろやトラボルタこら、って詰め寄りたくなる置いてかれ感が、トラボルタの無茶苦茶っぷりを増幅。ていうか見た目怖すぎるからトラボルタ←トラボルタって言いたいだけ。
で、とどのつまりは身もフタもない。


「御法度」
ひゃー。最初は演技ヘタでボヘーっとしたコドモ顔、くらいにしか見えなかった松田龍平が、どんどん妖しい美少年に見えてくるから驚き。ていうかこのボヘーっとヘタ演技なのがいいんだな。
このコがなに考えてんのかよくわかんなくって、周囲の男たちがガクガクわらわら幻惑されてく様がおもしろい。


「テルマエ・ロマエ」
阿部寛の裸とリアクション芸を堪能する映画。風呂だけにハダカ率高いけど、ムヤミに性的に見せようとしないところが好感。ほらあるじゃんサービスカットとか言って意味なく色っぽい入浴シーン入れたりすんの。ああいうのしらけるから(んーでも入れ方の演出によるのかな)。
すげえマジメに風呂にこだわってて実に風呂風呂しく、そういうマジメバカな感じは結構よかった。好き。


「雲のむこう、約束の場所」
へー。画がきれい。特に雲とか空の光や色の感じが繊細で見惚れた。
キュンと切ない感じ+カッチリめのSF感、甘さと硬さの加減が好み。うん、これ好きだな。クォンタムクォンタム←言ってみたかっただけ。
なんか惜しい気がするのは、サユリ・ヒロキがなんでそこまでお互いに執着すんのか今いちピンとこないつーかな。中学時代の思い出ってだけじゃなんかビミョー。っつか、中学時代描写はちこっとカユい。
サユリの夢ん中の孤独な彷徨をもっとねちねちやったら、その夢ん中での逢瀬や目覚めの切なさがもっとキュンキュンきたんじゃないかしら。
あとさ、サユリと塔の関係って結局なんなん? あ、こーいうのがセカイ系ってやつ? なの?
ところで、この感じで「A-A'」とか「スターレッド」(懐かしすぎる)とか映画化してくれたりしたら硬派SF感も少女漫画の甘さ加減もいいバランスで素敵なんじゃないかなー。なー。



「きっと、うまくいく」
→公式webサイト
NHKあさイチですげえ推し推しだったのですげえ期待して観にいったんだけど、そんなでもなかったかな。いやおもしろかったけど。
親の期待に応えて自分のやりたいことを諦めたり、点数や成績などの結果に固執して萎縮する/させる風潮に対して、自分のやりたいことをやろう、だとか、学ぶ喜びや学びを活かしての幸福をうったえる主人公、ってのはいいんだけども、そのためにやらかすことがなんか今ひとつピンとこない。ガリ勉+ゴマスリの優等生のスピーチの文言を下品な語にすり替えたりとか意味分からん。勉強しろよ。
歌とダンスの場面は楽しいけど、うん、まあ。並かな。
えーとねえ、以前に観た「たとえ明日が来なくても」の方が出来がいいと思うの。
インド映画って日本にはごく一部しか紹介されてなくって、他にも知られてない傑作ってどっさりあんだろうねー。
↑の公式webサイトみたら、他のもおもしろそう。「闇の帝王DON」とか観たいかな。








コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
タニプロ

「きっと、うまくいく」オレは軽く苦痛でした。インド映画ってだいたい長いイメージあるんで、合わないと時間との勝負になります。

あまり詳しくないけど、オレはインド映画は、あらぬ方向に物語が飛躍して、豪華絢爛、ド派手な展開で幕を引くみたいなのを期待しちゃいます。

昨年の「ロボット」みたいな作品。
by タニプロ (2013-06-28 01:24) 

シロタ


インドでは間に休憩時間が入るそうですが(幕間みたいな)、それなら長時間でもいいでしょうけどね。

とにかく制作される数がハンパじゃないらしいので、いろんなんがあるんでしょうねー。


by シロタ (2013-07-01 18:31) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。