So-net無料ブログ作成

「Oh! My! Goodness!」V6 [音楽]

 ……V6って、フツーに歌うまいよね? なんかこう、“みんなのうた”的に巧いというか、学校の音楽の授業、歌のテスト的に巧いというか。でもやっぱりジャニーズ文化的なものもちゃんと背負ってて。

 ドラマの主題歌になった「Sexy.honey.Bunny!」を聴きたくなって入手してみたら、なんすかコレ。すごくイイ。よく出来てる。
 ソングライティングにチカラ入ってるというか、曲の錬られぐあいがハンパじゃない。
 歌唱も創意工夫に満ちて、すごく楽しんでるのが伝わってくる。
 楽しい。気持ちいい。
 そいで、ジャニーズ的・V6的な真・善・美、ていうか、前向きで健やかに明朗快活なステキあんちゃん達の世界が全開でぶっちぎられるというか。
 これはいい。


1.omg!
oh, my goodness!ってアルバムタイトルのコールがちりばめられるオープニング。ファンク?っぽいノリ?なのかな。このコールの言い方でずいぶん遊んでるっぽい。いたずらっ子みたいな気配がする。かわいい。

2.Supernova
オープニングから繋がっていきなりサビのフレーズがどーん!とかまされる「一夜だけのSupernova」とか、刹那の情熱、的な歌詞世界。結構大人っぽいんだなあ。疾走感とかスピード感が歌詞世界のせっぱつまった感じを強調してる。音も歌唱もすごく練られてバラエティに富んで盛ってるみたいです。かっこいい。

3.BING♂
ビンゴゲームをモチーフに遊んでる歌。ラップとかファルセットとか加工した音声とか台詞っぽかったり、歌唱もすごく楽しんでる。ファンキーにノリよく愉快。ビンゴの当たり外れを人生の運不運に例える運命論的人生観をクールに軽くいなしていこうぜ。的な。

4.Sexy.Honey.Bunny!
これ再生回数が桁違いにぶっちぎってる。なんかハマっちゃって。サビんとこのキレのよいフレーズ、Hot! Hot! Hot!って音階がとんとんとん、と上がってくとこが気持ちよくて気持ちよくて癖になる。声の重なりも厚みがあって豪勢。それにしてもイノッチってホント歌巧いねえ。どの曲もそうなんだろうけど、6人の個性がうまく活かされてるんだろうなあ。

5.Maybe
4曲目までの音を重ねて盛った感じから、うってかわってシンプルに旋律を活かしたアレンジ。ギターが甘く切なくキいてる。洋楽っぽいのかな?なんかオシャレ。三宅君の声が印象に残る。なんかこう、明るい朗らか兄ちゃん、ていうイメージが強いんだけど、その彼が、おそるおそる愛に踏み出す、ちょっと切なくてもじもじした歌を歌ってる、ていう感じがぐっとクる。ファンの人はもっとクるんだろうなあ。

6.only dreaming
離れた場所で切なく望みなく相手を思う、ていう歌詞世界が大変にツボった。せつねえ。「眠る前 君の名前 何度も何度も呼んで 夢の中 出会えますか それだけでいい」とか、またこの旋律がすごく印象的で、すとーんと入ってくる。心地よいミドルテンポ、すぐ歌える感じのスムーズさ。

7.D.I.S
ファンク?ディスコ?なに調というのか知らんけど、なんか懐かしい感じのするアレンジ。踊るんだろうなーこれは。ノリノリの高揚感、称揚感が気持ちいい。気づいたら口ずさんでる。気持ちが上がる感じで、素直に気持ちいい。

8.エキゾチック・トリップ
ヘンな歌(笑)。歌詞もなんだか…?とっちらかってて、やりすぎ感を否めないというか。でもなんか妙に気になる曲。

9.バリバリBUDDY!
ダンスの速い動きで有名な曲だっけ? V6らしいなー、とか思った。個人的にV6って、「WAになって踊ろう」とか「愛なんだ」とか、TV番組「学校へ行こう」なんかの印象が強くて、つまり、前向きで明るく愉快な楽しい兄ちゃんたち&愛には真面目、って感じなんだけど、そういう感じに満ち満ちてるというか。V6の明るさ楽しさって上滑りしてないっていうか、えらい根性据わってる気がするんだよね。愛を感じる。

10.大人Guyz
大人買いと掛けてて、お買い物しまくる歌。思い切って強気に無茶な買い物するように、世界をすべて手に入れちゃおうぜ、的に粋がってるのね。リズムがテンポよく気持ちよくて、買い物カートごろごろしながら闊歩する姿が見えるようです。歩ってるときとかに聴くとぐいぐいずんずん歩ける。なんか強気になれていいかも。

11.ROCK YOUR SOUL
王道のかっこよさぶっちぎり、戦隊ヒーローとかの主題歌ちっくな勇ましさ。行くぜ!みたいな前のめりな疾走感がぐっとキます。エレギのギュインギュインとかエレクトリックな重低音とか野太く気合いを入れる雄叫びとかがかっこよす。

12.線香花火
柔らかく繊細なピアノ、アコギに彩られたバラード。長野君の微かにハスキーな甘い声を堪能。ひとりひとりの歌唱を丁寧に扱っていて、それぞれの持ち味がしっとり味わえる。イノッチの深く厚みのある声とか、三宅君のぽろぽろとつたない素朴さ、とかもクる。語りかけるように大事に大事に歌ってる感じがして、人を恋うる気持ちとその儚さを大切にしようとする思いが伝わってくる。なかなか沁みる。

13.親愛なる君へ
歌詞が見事すぎる。手紙形式で別れた恋人に宛てて思いを語りかけてる。歌の言葉として、旋律にノって聴いてると、音の高低の波の気持ちよさと、歌詞内容の切なさにうっとりヤられる。一曲の中にも物語があって、その手紙を書いた人物の心情や、ひょっとしたら手紙書いたものの出さなかったんじゃないかな、とか想像が広がる歌詞世界。
ハーモニーがきれい。最後んとこ、英語の歌唱の滑らかさにビビる。

14.kEEP oN.
テイストの違う曲を何曲も詰め込んだような、凝ってる曲。爽やかポップに始まったかと思えば、ラップ、ダンスミュージック、ファンク、ミュージカル調(爆笑モノ)、ラストはフォーク?かな? 様々な歌唱が散りばめられてて盛りっ盛り。すっごいtryしてておもしろいんだけど、個人的には、忙しいわ!ってツッコみたくなるかな。やりすぎ感。

15.orz...
1曲目の Oh! My! Goodness! のアウトテイク。笑。笑笑。悪ふざけ感満載。楽しそうだなー。







タグ:音楽 V6
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。