So-net無料ブログ作成
検索選択

最近と、ちょっと前に観た映画 [映画]

「海月姫」
→公式サイト(予告編が始まります)
役者がめっさゴーカでびっくり。すごいね。役者集めんのってどなたの仕事なんすかね。プロデューサーとか?
能年玲奈のオタクしゃべりとか尼~ずの濃ゆいキャラ化お芝居とテンポのよさがうまく噛んでておもしろ楽しかった。それぞれのオタク要素がもっと活躍すればよかったのに、とか思ったけど、まああんまし役に立たないからこそのオタク知識なんだろうからそれはそれでいいのかな。
セット・美術・衣装が凝っててすごかったです。
何より菅田将暉の女装がスバラシス。なんすかあの脚。美脚。超美脚。女装趣味なんだけど、オネエキャラではないんですね。男性が女性の服を着るからこその違和感が、如何にしても美しくありたい、着飾りたい、っていう心意気として感じられて、キラッキラに輝いてた。ものっすごいパワフルにゴージャス。菅田将暉すばらしいね。


「大洗にも星はふるなり」
役者のキャラが生きてて楽しかった。山田孝之の重い存在感がストーカーすれすれ(ていうかストーカーなんだけど)の気色悪さにハマってたし、ムロツヨシの浮ついた感じがいちいち場を混ぜっ返すし、キレッキレなようでいてすっとぼけてる安田顕も輝いてるし。こーいうトボけたノリ好き。


「インターステラー」
→公式サイト(予告編が始まります)
ぎょわー。って、全身毛穴が開きました。すごい。すごかったっす。「2001年宇宙の旅」へのリスペクトがこういうお話になるの!ってびっくり。
でも何がどうすごいかっていうのはなかなかうまく言えない。人類の未来とか進化とか、人々の英知が到達する限界とそれを超える瞬間、とか、なんかこう。我々はどこから来たか、どこに居るのか、どこへ行くのか。的な、なんか深遠なテーマなんだろう、きっと。
とりあえずTARS欲しいです。


「オール ユー ニード イズ キル」
すごいテンポよくておもしろかった。話の端折り方と繰り返し方のリズムが気持ちいいんだと思う。テンポって大事なんすねー。アクションの迫力も堪能、お話的にもしっかりオチてスカっとした。


「RED リターンズ」
「RED」もおもしろかったけど、イ・ビョンホンのカーアクション&ヘレン・ミレンの二丁拳銃んとこがかっこよくてかっこよくてかっこよかった。こういうノリ好きです。粋(クール)!


「ファンボーイズ
全編にスターウォーズ愛が充満横溢しまくってて堪りません。そんなに好きか。お腹いっぱいですごっつぁんです。スターウォーズファンvsスタートレックファンの対抗意識ばちばちのとことか腹抱えて笑った。スターウォーズ/トレック由来の小ネタとか関連人物とか出まくってるらしいのでマニアはもっとおもしろがれると思う。ちなみにオットはスターウォーズ観たことないそうなんだけど、それでもおもしろがってました。


「新しい靴を買わなくちゃ」
白状するのにちと勇気がいりますが、こういう少女漫画みたいな雰囲気、実は好きなのです弱いです。江國香織読むのも同じ感覚。甘ーーーーーーくてせつなくて、ほんのり苦くて、ちょっと毒がある。
スズメちゃんとカンゴのくだりはなかなか一癖あって、おお、ってなった。しかし向井理ってすげースタイルいいのね。頭ちっさ。


「図書館戦争」
ど、どんだけ自衛隊好きなの。とか思った。原作も読んだけど、なんかもにょるんだよねえ…。ていうのはまあ、私が体育会系部活っぽい組織・社会が激しく苦手だからだと思うんだけど、なんか。なんかさ。表現の自由への抑圧に対して対抗するのが図書隊=軍事力、ってどうなの。表現を武器にして闘う手段とか、政治的な解決方法みたいなんガン無視なんすかね。図書隊=自衛隊を出したいがためのお話みたいな感じがしちゃって。


「シュアリー・サムデイ」
なんか好き。随分批判?されたらしいけど、結構好き。画ヅラでパーッと印象に残る場面とか結構あるし、すごく楽しんでつくられて、かつ、馴れ合ってないっていうか、なんかこう、覚悟というか心意気みたいなものも感じられて。
あとこれ、音楽よいですね。耳に残る。エンディングの手蔦葵の歌唱には鳥肌。



「ボトル・ドリーム カリフォルニアワインの奇跡」
なんの気なしに観たんだけど、結構よかった。カリフォルニアワインなんて鼻にもひっかけないフランスワイン業界人が、「カ、カリフォルニアワインにすこ負けって信じらんねえ」ていう様が爽快痛快、まあ判官びいき的なそういうお話が好きなんです、たぶん。実際にはお酒の味はわかんないけどおいしそうだった。あと、ワイン農家のおじさんがつくってくれたワカモレが地味にうまそうだった。


「ゼロ・グラビティ」
→公式サイト(音が出ます)
映画館で観てよかったなー。なんかもうボロ泣きゴン泣きで大変な有様になった。
生きる力、っていうかさ。つらいことや苦しいことがあって、疲れてしんどいけど、でもとにかく生きるんだ、っていう。生きてる意味あるの、とか思っちゃっても、意味とか関係なく生きるんだ、生きる意味はただ生きるってことしかないんだ、っていう。
何言ってるか自分でもわかんないけど、思い出すだけでじわじわキたよヤバいよ。














コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。